口周りのニキビで失敗しないための3つのポイント|ニキビケアなびVF

冷水による顔のスキンケア

特に顔をアブラがたまりやすいので、冷水を随時顔に10回を1セットとして、開いた時間があれば1セット冷水わかけるようにしています。水の冷たさで皮膚が引き締まると同時に毛穴も汚れが取れ、穴が小さくなる気がします。お湯や石鹸、シャンプーのほうがアブラや汚れがとれますが、皮膚の自浄作用と温度が上がるのせいかアブラが洗顔後に、かえって多く出る気がします。乾燥肌の方は冷水をかけたあとは保湿クリームなどで皮膚をケアをするとよいと思います。冷水はかけるだけで、ごしごし顔をこすらないようにしてください。タオルで軽く押さえる程度がよいでしょう。

スキンケアは、丁寧さが大事。

スキンケアをする時は、丁寧さが一番大事ではないかと思います。毎日のことなので、おざなりにサッと済ませてしまうこともありますが、化粧水をつけて、手のひらでしっかり押さえ浸透させる。美容液は目元や口の周りなど、乾燥やシワが気になるところは指で優しくトントンとつける。その後乳液やクリームなどを手のひらで温め、顔全体を優しく押さえるようにしてつけると、とても綺麗になじんでくれます。そしてここまでゆっくり時間をかけると、肌のも潤いに満たされ、とてもいい状態に変わるのがわかります。

角質落としとパックでお肌プルップル!お手軽スキンケア!

私は2週間から1カ月に1度、入浴時に専用ジェルで顔の角質を落とします。その後化粧水で肌を落ち着かせます。少しおいたらシートマスクとその上にラップを顔に乗せ、30分ほどその状態でいます。ラップ無しだと10分程でシートが乾きますが、あると30分は余裕です。シートを剥がすと顔はプルプルですよ。 この方法が私のお手軽スキンケア方法です。ただし顔の角質落としは思っている以上の負担がかかるので、ほどほどにした方がいいです。

金をかけずに手間をかけろ!

正直なところ、出来るだけ簡単で効果があるとうれしいです。

ひところ流行った「佐伯チズ先生」のコットンパック方式を実践し、毎朝・毎晩コットンパック

ホットタオルなど実践しました。

確かに効果が出ました。

知人からも「肌が綺麗になったね。」と言われるようになったのですが、

実は意外と手間がかかります。

顔にコットンパックを乗せたままハミガキをすれば、時間短縮で一石二兆なんて

ネットの書き込みも目にしますが、実際には不可能です。

ハミガキをちきんとしようと思うと、それなりに顔の筋肉も動きますし、

奥の方、また、歯の裏側までまんべんなくハミガキをしようとすると

コットンパックが落ちてきてしまうのです。

そうこうするうちに、コットンを乗せてじっとしているのが嫌になり

今では、オールインワンゲルです。

やはり「手間をかけたほうが効果は現れる」というのが実感です。

自分ができるスキンケア

物心ついた頃から洗顔、化粧水、乳液でのスキンケアを行っています。

毎日欠かさず行っていますが、自分が思い描く肌にはとうてい及びません。

学生時代はニキビに悩まされ、成人してからは美白に憧れ、20代後半の現在は毛穴が悩みです。

肌がとても綺麗な友達を羨ましく思ったこともありました。

その子はスキンケアに気を遣ったことはほとんどなく、化粧も落とさず寝てしまうこともあるそうです。

それを聞いて、ある程度遺伝なのかな、スキンケアを頑張っても限界があるのかな、と思うようになりました。

思い返してみると、私の母親も肌トラブルでは毛穴に悩んでいました。

それに気付いた時、自分の中である程度諦めがついた気がします。

今までは、なんで肌が綺麗にならないんだろう、と散々悩んでいましたが、これがきっかけであまり思い詰めないようになり、気持ちも少し楽になりました。

もちろん、スキンケアをやめたわけではありません。

自分ができる精一杯のスキンケアをしたらそれでいいんだ、と思えるようになりました。

これからも肌トラブルには悩まされると思いますが、あまり思い詰めないで自分にできるスキンケアをしていこうと思います。

お尻 ニキビ

○お尻ニキビで悩んでいる方必見!予防法やケア方法がわかりやすく紹介されています。

サイト名:○お尻ニキビを消す!つるスベお尻を手に入れる簡単マル秘テク|お尻黒ずみ治す方法.org
URL:○http://hipnikibi.org/

エントリー一覧